相続税や生前対策を税理士に相談するとどんなメリットがある?

税理士は会社や個人を問わず様々な分野で税務処理を指導、代行することを業としますが、日本の税目はとても幅が広く、非常に多くの種類があります。

その中でも「相続税」は複雑さにおいて他の税目よりも突出していると言っていいでしょう。

相続税はさらに死後だけの問題ではなく、いわゆる「生前対策」も絡んでくるので、所得税のような単純な性質ではないという側面もあります。

この章では、複雑故に素人の方ではリスクが高い相続税や生前対策を税理士に相談することのメリットを解説します。

税金を最小限に抑えることが可能

相続税の処理で最も難しいのが相続税を計算するための遺産の評価です。

市場価値の評価とは異なり、相続税計算の為に国が作成した「財産評価基本通達」というとてつもなく複雑怪奇なマニュアルに従って各遺産を数字に換算しなければなりません。

現預金はそのままの数字換算で良いのですが、有価証券や不動産は難しく、特に不動産は素人の方では正確な評価はまず無理と言えるケースもあります。

このように、財産評価は非常に複雑です。そして、相続税の申告実務にあたって最も難しい作業の一つがこの財産評価になります。

税理士に相続税の相談をすると「相続税申告には対応していない」という返答をもらうことがあるようですが、それは複雑で手間がかかる上、専門性を必要とするからです。

当事務所は相続税専門ですから、適正な財産評価には自信をもっております。特に不動産の財産評価は税理士の力量が現れやすい部分でありますが、当事務所では一つ一つの不動産に合わせて適切に減額要素を当てはめております。経験に裏打ちされた適正な財産評価により、顧客に「損」をさせない申告が可能です。

疑われない申告をして税務調査のリスクを減らせる

極端な話になりますが、税務署に睨まれないように余裕を持って多めの税金を納めれば税務調査のリスクは減るかも知れません。

しかしそれでは顧客に対して損を被らせることになります。

専門家として顧客に満足してもらうには、最大限のメリットをもたらし、且つリスクも減らすことです。

税の分野では税務調査が最も避けるべきリスクですから、これを避けつつ最低限の税額にすることでお客様に満足をしてもらう必要があるわけです。

相続税を得意とする税理士はこれが可能ですが、個人で申告手続きをやってしまうと素人では難しいことは税務署も分かっていますから、「調査すれば何か出てくるかも」という思いが強くなり、その分税務調査を受けるリスクが上がってしまう可能性はあります。

依頼者一人一人に最適な生前対策が可能

相続を得意とする税理士を活用する大きなメリットに生前対策があります。

相続税の申告自体よりも生前対策の方がずっと難度が高いのですが、これは取り巻く状況が人それぞれ全く異なるからです。

例えば同居の有無だったり、親の面倒を見ているか、兄弟の仲や就業状況はどうかなど、他人と全く同じ状況というのはあり得ません。

しかしこういった状況の違いを、生前対策では詳しく把握したうえで対策を練らなければならないのです。

しかも生前対策というのは相続後、つまり未来のことですから予測を基にして戦略を練る必要があります。

未来を予測して正しい節税行動をとるためには、お客様の状況を正しく掴むための丁寧なヒアリングが重要になってきます。

当事務所はコミュニケーションを何よりも大切にし、状況をしっかり把握したうえで「あなた」にとって最適な生前対策を考えるサポートを致します。

手続きの準備など煩わしい手間から解放される

相続税の申告手続きは税務署に申告書を提出することそのものよりも、そのための準備作業に時間と手間がかかることは知っておいていただきたいです。

詳しくは別章で述べますが、申告手続きをするためには相続人の確定作業や被相続人の財産調査、遺産の鑑定や財産評価など、手間と時間がかかることが山ほどあります。

こうした煩雑な作業から解放され、自分の時間を浪費しなくても良いことは税理士を活用することの大きなメリットです。

もし自分でやるとしたならば、まず膨大な作業に追われること、そしてミスや失念が出やすいため後から税務調査を受けるリスクが相当高まること、そこから追徴課税などのペナルティが発生するなど金銭上の損害を被ることが予想されます。

税理士を活用すればこれらすべての問題から解放されます。

万が一税務調査を受けても対応を任せられる

相続に強い税理士を活用すれば税務調査のリスクを最低限に抑えることができますが、遺産額が大きいケースでは適正に申告をしていても税務調査が入ることがあります。

責められるいわれのない適正な申告をしていれば何も臆することはありませんが、税務署職員の質問や指摘の内容によっては反論をしなければならないケースもあります。こうした場面では反論する側にもかなりの専門的知識が求められるため、一般的には税理士以外の方が税務調査への対応を行うのは非常に困難です。しかし、税理士がついていれば本人の代わりに税務署対応を任せられるので、確かな根拠を元に反論し、税務署の追及を封じることができます。

当事務所でも税務署対応を得意としておりますので、心配な方、お困りの方はいつでもご相談ください。

相続税にお困りの方は当事務所にご連絡ください

以上が税理士に相続税申告や生前対策を任せるメリットでした。一般的には、相続税申告をご自身で行うことは非常に労力がかかると言われています。しかし、我々税理士に任せていただければ、時間や労力も節約できますし、またわからないことを任せられることで精神的なストレスも大きく軽減させることができます。わからないことは専門家に任せることが一番です。当事務所が皆様の相続税のお悩みを解消できるよう全力でサポートいたしますので、相続税にお困りの方はお気軽に当事務所までご相談ください。